syakijikosodan1


 
借金時効の相談についてわかりやすく説明しています。
 
自分の借金が時効期間を過ぎているか不安な人や時効に失敗したくない人、
またどこに時効の相談をすればいいのかわからないという人に読みすすめてほしいです。
 
あなたにとって最良の答えが見つかるかもしれませんよ。
 
 
借金時効はただ時効期間が過ぎれば時効になるものではなく、
時効にするための手続きも必要となりますのでしっかりと対応してくれるとこに相談するようにしましょう。
 
そこで今回は時効の相談先について詳しく説明していきます。
 
ウイズユー司法書士事務所
時効援用相談
24時間受け付け中!
アヴァンス行政書士法人
消滅時効の援用
無料でお問合わせ
アヴァンス行政書士法人で
信用情報開示を
してみませんか
アヴァンス行政書士法人 アヴァンス行政書士法人 信用情報開示プロモーション
FD:0120-263-212 FD:0120-141-054 FD:0120-159-028

自分の借金が時効になるのか不安

syakijikosodan2


 
5年以上前にした金融業者からの借金を時効にできることは知ったけど、
そもそも自分の借金が時効になるのか不安だから相談したいという人が多いです。
 
例えば、
 

・いつ借金をしたか覚えていない
・引越しをしたから時効が中断していないか不安
・時効の手続きがよくわからない
・借金時効に失敗したくない

 
など借金時効に関する悩みや心配事があるけど、
どこに相談すればいいのかわからないという人の為に分かりやすく時効の相談先について解説していきます。
 
 

ウイズユー司法書士事務所
時効援用相談
24時間受け付け中!
アヴァンス行政書士法人
消滅時効の援用
無料でお問合わせ
アヴァンス行政書士法人で
信用情報開示を
してみませんか
アヴァンス行政書士法人 アヴァンス行政書士法人 信用情報開示プロモーション
FD:0120-263-212 FD:0120-141-054 FD:0120-159-028

借金時効の相談は弁護士か司法書士へ

syakijikosodan4


 
借金時効の相談先でベストなのは、弁護士か司法書士になります。
 
なぜかというと借金の時効は、法律(民法)で定められた制度だからです。
 
法律に定められたものだったら法律のプロに相談したほうが安心できますよね。
 
次に時効の相談ができる法律家の探し方について説明していきます。
 

時効相談で弁護士や司法書士を探す方法について

syakijikosodan5


 
時効相談で法律のプロを探す方法は大きく分けると3つあります。
 

・インターネットを使って自分で探す

・法テラスで紹介してもらう

・弁護士会や司法書士会で紹介してもらう

 
それでは、それぞれのについて解説していきますね。
 

インターネットを使って自分で探す場合

インターネットを使って自分で弁護士や司法書士を探す場合について
説明していきますね。
 
インターネットで検索するときに
「借金時効 弁護士」や「時効援用 司法書士」などで検索してみると
色々出てきますので自分に合った法律事務所を探すことができます。
 
最近では、メールや電話で無料相談ができるところがあるので、
まずは気軽に相談できそうかチェックしてみましょう。
 
メールや電話の対応が良かったかどうかも選ぶポイントになりますね。
 

法テラスで紹介してもらう場合

法テラスとは、法的なトラブルを解決するための総合案内所になります。
 
正式名称は日本司法支援センターといい、
総合法律支援法に基づいて設立された法務省所轄の法的法人です。
 
法テラスは、
問題を解決するための法制度や手続きなど適切な相談窓口を無料で案内してくれます。
 
自分で弁護士や司法書士を探すのが不安な人や、
面倒な人は法テラスで紹介してもらうのもいいと思います。
 
法テラスへの連絡方法は電話や24時間受付けのメールがあり、
日本全国に窓口があるので、まずは気軽に連絡をしてみましょう。
 

弁護士会や司法書士会で紹介してもらう場合

各都道府県にある弁護士会や司法書士会で紹介してもらうこともできます。
 
こちらも先程の法テラスと同じように
悩み事によって最適な弁護士や司法書士を紹介してもらうことができます。
 
地域によっては無料法律相談会などもやっていますので
参加してみるのもいいかもしれませんね。
 
 
このように法律の専門家を探す方法があります。
 
一人で悩みや不安を抱えているよりも
相談して少しでも先が見えるようになれば安心できますよね。
 
次に、実際に弁護士事務所や司法書士事務所に相談した後、
借金時効の代行を依頼した場合の流れを見ていきましょう。
 

時効手続きを専門家に代行依頼した時の流れ

syakijikosodan3


 
借金時効についての相談先が見つかって実際に時効援用を
プロにお願いした場合の流れについて説明していきます。
 
大体の流れとしては
 

(1)時効援用についての相談
 syakijikosodan11
(2)契約手続き(申込み)
 syakijikosodan12
(3)代行費用入金
 syakijikosodan13
(4)時効援用の内容証明を発送
 syakijikosodan14
(5)時効が完成

 
となります。
 
借金時効手続きの期間については、
早いところで1週間以内で終わるところもありますが、
平均的に1週間から2週間ぐらいとなります。
 
どのくらいで時効手続きが終わるのかについても
相談の段階で確認しておくと安心ですね。
 
 
また、次にどのくらい費用がかかるのか気になるところですよね。
 
時効手続きを代行依頼した場合の費用について説明していきます。
 

時効手続きをプロに代行依頼した場合の費用について

syakijikosodan6


 
時効手続きを法律事務所に代行依頼した場合の費用は、
相場として1社あたり30,000円〜50,000円になっています。
 
時効にしたい借金が2社以上ある場合は、
まとめて割引などしてくれるところもありまよ。
 
また、費用については事前に相談にのってくれるところもあり分割払いなど対応してくれるところもあります。
 
費用で不安な人は前もって確認しておきましょうね。
 

借金時効相談まとめ

syakijikosodan7


 
ここまで時効相談についてや
実際に弁護士や司法書士に時効援用の代行を依頼した場合など説明してきました。
 
自分の借金が時効になっているか分からないという人や
借金時効の手続きが忙しくて出来ない人は、
弁護士や司法書士に相談や時効援用の代行を依頼するのも1つの手だと思います。
 
 
また、借金を時効にすると人によってはデメリットになることもあります。
 
それは借金が時効になると返済義務がなくなって支払をしなくてもよくなりますが、
借金をしたこと自体は個人信用情報に残るという点です。
 
個人信用情報には借金を時効にした記録も残りますので、
今後の生活で住宅や車のローンを考えている人や
新しくクレジットカードを作りたいと思っている人は
合わせて弁護士や司法書士に相談するのもいいかもしれません。
 
 
借金を時効にすることができ金融業者から督促状が届かない借金前の生活に戻れて、
更に今後よりよい暮らしができるようになればうれしいです。